■カッティングシート・ステッカーの貼り方・はがし方について

カッティングシート・垂れ幕・マグネットシートから看板まで何でも揃います。ウェブからのご注文で商品代金1万円以上で送料無料キャンペーン中!

 
カッティングシートで作ったステッカーの貼り方をご紹介します。簡単そうで意外に難しいのがカッティングシート貼りです。実際に貼ってみたが失敗したという方も多いはずです。
 
準備しておくと役に立つ作業道具
  

カッティングシートの貼り方は大きく分けると 水貼り直貼り の2種類の貼り方があります。

  • 水貼り はカッティングシートを貼る際に霧吹きなどを使いシート及び接着面に水(洗剤入り)を使用して貼ります。接着面とカッティングシートの間に水分が付着しているため糊面がすぐに付着しないため仕上がりを確認しながらカッティングシートの位置を決めたり修正する事が簡単にできます。しかし水分が乾燥するまでに時間がかかります。
  • 直貼り はカッティングシートを接着面に直接貼ります。水を使用できない場合はこちらになります。比較的短時間で作業が終わる事と比較的どんな条件でも貼る事ができます。しかし一度カッティングシートを貼ったら修正ができないため接着面などにゴミなどがあった場合は、気泡や粒として残ってしまいます。

カッティングシートの大きさや状況によって貼り方を十分と検討して貼り方を決めましょう。

カッティングシートを貼る面を決めて汚れやほこりをきれいに落としておきます。

カッティングシートの貼る位置を決めてマスキングテープなどで仮貼りして固定します。
カッティングシートがずれないようにしっかりマスキングシートなどで転写紙(リタック)を固定します。

固定した部分に沿ってカッティングシートを転写紙(リタック)ごと反転します。
全体を反転したら転写紙(リタック)の裏の台紙をゆっくりはがしていきます。その際、カッティングシートが台紙に残っていないことを確認してください。水貼りの場合はここで接着面に水を吹きかけます。
台紙をはがしたら貼る面にシートがつかない程度に戻します。台紙がシワがよらないようにします。
スキージを使用して空気を抜くイメージで中央から外側に向かって転写紙(リタック)を押さえます。

カッティングシートを確認しながらゆっくり転写紙(リタック)をはがしていきます。
水貼りの場合は糊が乾くまでたっぷり時間をおきます。カッティングシートのつき具合を確認しながら作業を進めていきます。
カッティングシートの中に気泡が残った場合、小さな穴をあけ空気を抜きます。

 
カッティングシートの剥がし方をご紹介します。長期間雨風にさらされたカッティングシートを剥がすのはかなりの手間作業になります。
 
準備しておくと役に立つ作業道具
  
  • 霧吹きなどでカッティングシートの表面・ベースに吹きかけてスクレイパーやヘラ・カッターなどを使用してカッティングシートの端からゆっくりと剥がしていきます。
  • ドライヤーなどを使用してカッティングシートをあたためながらの作業も効率的です。
  • シール剥がし剤はカッティングシートの表面には効果があまりありません。糊面を落とす場合に使用する場合する事をお勧めします。
  • カッティングシートが貼ってある部分をキズつけないように注意して作業しましょう。
  • シール剥がし剤もベースの素材に対応したものを使用してください。対応しないものを使用すると素材自体を剥がし剤で痛めてしまう事があるので注意してください。
  • 気になる場合は、目立たない所で確認するといいでしょう。
  • シール剥がし剤も万能ではありません。時間をかけてゆっくりと落ち着いて作業しましょう。


垂れ幕・横断幕

マグネットシート

各種看板

ールにてお問合せの場合
メールアドレス info@meisho-jpn.com
上記アドレスまでお送りください。
メールは24時間受付中
見積依頼書をご利用の場合
別ウインドウで見積依頼書が開きます
記入後FAXにて返信ください
FAX・メールは24時間受付中 
FAX 0584-88-0866